交通事故弁護士は示談書類の作成も代行

交通事故の示談交渉で被害者が損をしないためには、弁護士のサポートが欠かせません。


加害者サイドからは保険会社の担当が交渉にあたり、被害者に損害賠償の知識がないと保険会社のペースで、また安い金額で示談成立に持ち込まれてしまうからです。

交通事故問題が得意な弁護士に早めに相談して示談を代行してもらえば、慰謝料や休業補償などについて正当な金額で計算、請求してもらえます。

被害者が自分で時短交渉にあたるより何倍も賠償金が上がることも珍しくなく、さらに煩雑な相手方との交渉から解放されるためにけがの治療に専念できるという大きなメリットもあります。
また、示談交渉や場合によって裁判ということになれば、いろいろな手続きが必要で同時に所定の書類もそろえたり作成しなくてはなりません。


例えば交通事故の示談交渉をするには、自動車安全センター交付の交通事故証明書・医師の診断書や診療報酬明細書・後遺障害診断書と認定等級関連の書面・休業証明書と収入がわかる公的書類などが必要になります。



また、自分の車をはじめ物損害があった場合には修理証明書や購入代金証明書、減価証明書なども求められます。



こうした書類を用意したり、あるいは作成するのは交通事故に巻き込まれてけがをし、仕事を休んだり治療に通っている被害者にとっては心身また時間的に大変大きな負担となります。

livedoorニュース情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

示談交渉や損害賠償問題に強い弁護士の先生なら、こうした書類の準備についても代行してもらえて安心です。