相続の相談は弁護士に。

相続とは亡くなった人から相続する権利のあるものが遺産を受け取ることを言います。
たとえば、親が亡くなったときに子供達で遺産である家や土地、預金などを受け取ることです。


ややこしいのが、相続人が残した借金も同時に受け取らなくてはならない義務が発生します。つまり、家など金融価値のあるものだけを受け取ることができないように定められているのです。普通なら、借金がある場合は遺産から差し引いてマイナスならば権利を放棄します。

遺産を受け取るか受け取らないかは相続する権利のある人の意思で決定できるようになっています。

あなたの期待に応えるエキサイトニュースの情報サイトです。

金融資産の受け取りを決めた場合は次のような流れになっています。

まず最初に遺言書の有無を確認します。

正式な手続きが終わった後で遺言書が見つかった場合、初めから手続きをしなおさなければいけなくなるからです。



これは遺言書、つまり亡くなった人の意見を尊重するように定められているからです。

次に弁護士に依頼します。


故人が生前に依頼しているケースもあります。
ここで残された遺産の目録が作成されます。

次に残された遺産を誰にいくら分配するかを決める、分割協議が行われます。

金銭に直接関わってくるので、スムーズに協議されないケースもあります。



ここで協議が進まない場合は家庭裁判所に決めてもらいます。
遺産の分配が決まったら、次に定められた手順に従って相続税の計算をします。

この手続きは手続きの開始を知ってから、10ヶ月以内に税金の申告と納付を行わなければいけません。