外国人の相続手続きは弁護士に全て依頼する

日本国内で相続の手続きをしなくてはならないのは日本人だけではなく日本国籍を保有していない外国人であっても同じです。

外国人が日本国内で亡くなった場合には、日本国内の法律的な手続きに従って相続手続きを行えばそれで良いというわけではありません。


日本国内の法律と外国の法律を比較して、適切な手続きをしないといけないようになっているので必ず専門の法律家が手続き行う必要があります。

魅力の高いOKWaveの有益な情報の紹介です。

外国籍を保有した人が日本国内で亡くなった場合にはまずその国籍を保有している国家に連絡をとって、亡くなった場合の手続きがどのようになっているのかを確認しなくてはいけません。
確認をしたうえで、日本国内の法律に従って相続手続きを行っても構わないという結論が出た時に初めて日本の相続手続きが採用されることになります。

一方で、本国と連絡をしてその国の法律に従って手続きをするように言われた時にはその国の手続きに従って行わなくてはいけません。家族の中に日本国籍を有していない人がいる場合にはこうした事情がありますので、必ず弁護士を通して適切な手続きをしていく必要があります。



弁護士に手続きを依頼しておけば、相続に関する資料や書類を全て揃えてくれます。

外国籍の手続きの場合には日本人と異なってその国の大使館から書類を取得しなくてはならないなどの面倒な処理もありますので、家族だけで安易に手続きをしないように注意をしておくことが大事です。



弁護士に相談すれば迷うことなくこうした複雑な手続きを代行してくれます。