相続で争いが起きそうな時は、事前に弁護士に相談を

遺産相続は、親がいる人なら誰でも経験する出来事です。
遺産争いなど金持ちだけの悩み、などと思っていてはいけません。


金持ちでなくても不動産や預貯金を残して亡くなる人が大半ですので、その取り分については争いになることがあります。血の繋がった家族だけであれば、円満に解決できることも多いですが、実際には血の繋がりがない者同士が同じだけの相続の権利を有することもあります。

万が一親や配偶者が亡くなった時、争い事が予想されるようであれば、事前に弁護士に相談しておくことをおすすめします。

亡くなる前からできることはいくらでもあります。争いが予想される場合とは、亡くなった人が何度か婚姻しており、母親の違う複数の子供を持っている場合などです。

厳密に言えば、父親が同じですので、この子供らは他人ではありませんが、人情的には赤の他人、ということが少なくありません。



父親が亡くなるまで会ったこともなかった、というケースも珍しくありません。

当然身内の情などありません。
しかし亡くなった人の子供として、等しく財産を相続する権利を有しています。

マイナビニュースの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

財産は時に等しく分けられないことがあります。


現金であれば簡単ですが、不動産や車、有価証券などは一度換金しなければ等しく分けることはできません。
売却に反対する者がいたり、誰が何をもらうかで争いが起きたりすることは充分に予想されます。
このような場合、事前に遺言書を書いてもらうなどで争いを最小限にすることができます。

遺言書は弁護士に作成してもらうと安心です。